幼稚園教諭
学生時代に作った遊びのアイデア集は、
今も現場で活用しています。

Voice 05

鈴鹿市立白子幼稚園

山本 真里菜さん

文学部 児童教育学科 幼児保育学専攻
2016年3月卒業
三重県 鈴鹿高等学校出身

今、担当しているのは4歳児のクラスです。この時期の子どもたちは、徐々に社交性を身につけ、親や先生がいない場面で子ども同士の関係性を築くようになってきます。日々、子どもと接する中で、そうした成長の過程にふれられるのが、幼児教育に携わる醍醐味です。
学生時代の学びで役立っているのは、実技の授業です。適切な目線の向け方や心に響く声かけなど子どもとの接し方から、絵本の読み聞かせや手遊びのなどの具体的な手法まで、現場で生かせるさまざまなスキルを身につけることができました。子どもたちは、遊びを通してさまざまなことを学んでいきます。クラスメイト全員の遊びのアイデアをまとめた冊子は、今も時々見返して、現場で活用しています。