保育教諭・幼稚園教諭
大学時代に深めた幼児理解を
子どもとの関わりの中で生かしています。

Voice 05

公立こども園

毛利 友希子さん

文学部 児童教育学科 幼児保育学専攻
2016年3月卒業
名古屋女子大学高等学校出身

今、担当しているのは3歳児クラス。まだ言葉がうまく話せない子もいるため、表情や行動を丁寧に見極めながら、一人ひとりの気持ちを汲み取り働きかけるようにしています。こうして日々、子どもたちと関わる中で支えになっているのは、大学時代の学びです。保育現場の映像を見ながら子どもの言動の裏にある心理を読み解きグループで話し合うなど、実践的な授業を通して幼児理解を深めました。
また、学生たちが調べた手遊びのバリエーションをまとめた冊子は、今も時々見返し現場で活用しています。これからも、子どもたち一人ひとりに寄り添って興味あることや得意なことを伸ばし、その成長を保護者の方にしっかり伝えられる保育者になりたいと思っています。