学長あいさつ

女性の可能性をさらに高め、
未来に向かって力強く歩む人を育てます。

本学は、大正4 年( 1 9 1 5 )に学園訓を「親切」と定め、始めは、名古屋女学校として設立されました。学園訓「親切」に通じる建学の精神は、「高い教養を身に纏った、よき家庭人であり、力強き職能人としての女性を育成する」ことにあります。学園の創立者越原春子先生は、思いやりの心に止まらず、職業を通しての社会貢献こそが学園訓「親切」の真意であるとしました。そして、高い教養と職能を身につけた女性の社会における活躍が、真の男女平等への実現に繋がると説きました。学園訓「親切」とこれに通じる建学の精神は、学園の創立から百年を過ぎた今日まで変わらず受け継がれ、本学は、女性の職能の可能性を追究し続けています。本学は、学園訓「親切」と建学の精神のもと、社会で活躍できる女性を育てます。

越原 もゆるMOYURU KOSHIHARA
学校法人 越原学園 理事長
名古屋女子大学学長
名古屋女子大学短期大学部学長
創立者越原和・越原春子の曾孫。
学園創立100年の2015年4月より現職。
女子総合学園の伝統を引き継ぐ
大学第6代学長、短期大学部第7代学長。
博士(食品栄養学)。
越原 もゆる