文学部
児童教育学科
幼児保育学専攻 Early Childhood Education Major

Admissions Policy アドミッション・ポリシー

1.教育目的・人材育成目標
教育・保育の分野を中心にして社会の文化向上に貢献できる専門的な職能人の育成を行っている。
〈幼児保育学専攻〉
子どもの成長に関わる基礎的・専門的知識を広く学び、乳幼児の保育と地域の子育て環境づくりをサポートできる、高度な指導力を備えた教育者・保育者の育成を行っている。
2.求める学生像
〈幼児保育学専攻〉
  1. 知識・技能:高等学校での授業科目を幅広く履修し、保育・幼児教育に関する高い専門性や幅広い教養を身につけるための基礎学力をもつ人。
  2. 思考・判断・表現:柔軟かつ多面的な思考に基づく確かな判断力を備え、自らの意見を適確に伝えるための表現力を有する人。
  3. 主体性・多様性・協働性:保育・幼児教育の分野に深い関心を持ち、主体性を大切にしながら多様な他者と協働できる教育者・保育者をめざす人。

幼児保育学専攻の特徴

Feature
01

希望する進路に合わせ、
きめ細かなサポート体制で
支援します。

Feature
02

講義と実習で子どもとの
触れ合いを重視した
実践力を養成します。

Feature
03

子どもと保育をとりまく
さまざまな課題を理解し、
幅広い領域を学びます。

取得できる資格/免許

保育士資格 保育士としての就職に必要な資格。保育所以外にも、子どもの福祉や教育に関する高い専門性が求められる児童福祉施設・児童養護施設・知的障がい者施設などの就職にも有効です。
幼稚園教諭一種免許状 専攻のカリキュラムに含まれる「教育職員免許法及び同法施行規則」に定められた科目を履修し所定の単位数を修得して、大学を卒業すると免許が取得できます。採用試験を経て、公立・私立幼稚園教諭として就職できます。